その笑顔が見られるだけで

6人のいる世界はこんなに美しい

舞台「二十日鼠と人間」を見た

お久しぶりです。

私本当にこれ書くの久しぶりですね…約半年ぶり。お元気でしたか???

 

今日は、あんまりに感銘を受けた舞台「二十日鼠と人間」の感想を文章にして書きなぐってしまおうと思って、ここを開けました。

というわけなので、あと数日ではありますがネタバレ避けたい、回避したい方は読むの推奨しません。(とはいえきっちりした原作がある作品なのでネタバレもなんもないっちゃないけどな!)

 

 

 

さてさて、私はことし6月に、舞台をやるという情報が出てしかも大阪公演がある、ということを知ってからすぐ、とにかく行こう!と決めました。

そんでもって、私のFC名義は機能しなかったんで、一般発売8月、10時ぴったりにFamiポートでポチッとしてきましたさ。

そしたらなんとZZ列。いや、まあZ列はあるだろうよ、ZZ列!?と最初は驚きました(最初によく調べとけよ自分)

こんな遠い列でもまあ、入れるだけおっけー!ってな感じで今日を迎えたわけです。

 

行けると決まれば、原作を読んでから見てみよう、と思いまして、出版社でさえ絶版な文庫本を、Amazonの新品で購入し(なぜ?どうして???密林は秘密組織なの????)、読みました。

私は普段、海外作者の本は自分からは手に取って読まないけど、この機会に(初めてかな?)スタインベックの世界に入り込んでみました。

ジョージとレニー、カーリー、私の頭の中、スタインベックの世界……言い回しもいつも読む現代小説とかと違うし、なんだか不思議でした。

読んだだけの時点では、ジョージは、レニーへの気遣い屋、自分のこともだけどちゃんとレニーを見てる、言葉はキツそうだけど言い方としてはそんなにキツくないんじゃないか、という印象。

レニーは、言葉伸ばしで話がふつうにいる農場の男たちと噛み合いにくい、こどもがこどものまま幼稚におとなになった男性という印象でした。

 

健くんはどんなジョージを、章平さんはどんなレニーを演じるんだろう、とわくわくして、その印象を持ったまま、10日のマチネの公演を見ました。

印象は、変わった部分が多かった。

健くんのジョージは思っていたよりも、キツめの言葉の時はよりキツくて突き放した言い方をしていたし、小説の描写よりも、優しさがまるで流れてっちゃうほど溢れすぎていてその中で暴力的だった。

章平さんのレニーは、愛しかった。確かに、小説のなかに出てくるとおりのセリフなのに、私の頭の中のレニーとは違ってた。最後まで愛しかった。最後とか、分かってたのに自分でも驚くほど肩が震えたし、泣きそうだったんです。

ジョージは最後に近づくほど優しさが隠しきれてなくって、なんだか見ているこちらもどうしようもない気持ち。

ジョージ、レニーの頭を何回かポンポンしてたよね、子供をあやすみたいに。最初の茂みのシーン、部屋で話してるシーン(部屋のシーンのどのあたりか詳細は覚えてない、すみません)

農場のなかでは、農場の仲間たちとジョージ・農場の仲間たちとレニー、という関係性で私は読み取っていて、それぞれで違いがしっかり出ていたとも感じた。

 

人間と人間の関係って、カーリーの奥さんも言ってたように、「話したい」「話し相手が欲しい」というので成り立ってる部分も大きいなあと本当に思いました。だって、ジョージとレニーもお互いを気にかけあってしゃべって互いを見てた。かくいう私も、今日の一人旅、ホールの座席で初めて会ったお隣の人とおしゃべりできて楽しかったし嬉しかった。

結局人間同士きっとそうなんだな、と、身をもって実感しました。

 

いやあ、本当に考えさせられたし泣きました。

健くん、こんな世界に私を出会わせてくれて、そして連れてってくれてありがとう。

この小説も、大切に何回も読みます。

 

今回の私の気持ち。

あれから一夜も二夜も三夜も明け、皆様いかがお過ごしでしょうか。

まず皆様と呼べる程の人数の方々が見てくださってるかはわからないし自信はないですが、見てくださったあなた、本当にありがとうございます!

久しぶりにここを開けてみたら、前回の報告の時以来だったんですね………本当にお久しぶりです。

 

さてさて、ついに去年のLIVE TOUR 2017 The ONES、円盤が届きましたね!!!思ってた以上の大大大ボリュームで本当に驚いてる!1日じゃ見終わらなかった!!!!

実は今回のツアー、福岡1日目に入らせていただくことができまして、あの素敵な素敵な空間を堪能したのです……

あの時もヤバい上にヤバかったが、円盤でカメラが寄ったメンバーを見るともっとヤバい。語彙力のなさが目に見えているね!

また円盤については語らせてください!

 

ちょっとここから3/16に起こった出来事を。

 

1日2日でしっかり6人とスタッフさん達からのホワイトデープレゼント、堪能しきるかと思った矢先に届いたニュース。

いつか、こんなふうになるだろうとは思っていた。思っていたけど!今か!!みたいな…

私は、あの日、11時過ぎ頃、遅い朝食の片付けをしている時に、母が登録しているLINEニュースで、母から聞きました。軽く崩れ落ちた。お皿割れなくてよかった。それこそ剛くんじゃん。

ショックではないことは自覚していて。今か……!ついに……!って感じで。

そして今回もめちゃくちゃハッピー!最高!とはなれなかった。だけど、めちゃくちゃに非難したい訳でもなかった。なんだか本当にもやもやしてたのです。胸の内が。

Twitterでは、またもや愚痴垢と見受けられるもののツイートが度々目に入るようになった。私もそんな気持ちになるのかな、とそのアカウント達を見に行ったりしてみたけど、起こるのは、そうではないでしょ、って気持ちで、やっぱり胸の内ぐるぐる。

くるのかな、地方だから次の日かな、と思ってた剛くんからの手紙は、当日の夜、日付変わる一時間前、バイト終わりに郵便受け覗いたらありまして。

私はFC入るのが少し遅くて、それこそ岡田くんの報告があった直前に入ったから、赤い手紙はもらってないのです。だからこれが初めてのお手紙。緑色の二つ折を開けたら、剛くんらしいシンプルな言葉で綴ってあって、右下には大きく名前が書いてあったね。もちろん、剛くん自身にとっては良いお知らせのはずだから、それを見た時に少し嬉しさも出てきた。でも考えたらもやもやが引き戻されたりして。難しいよ……。

 

なんだかな…

長野くんのときは、本当にめちゃくちゃにハッピーで最高な気持ちだったのです。

一応、ライブでは長野くんのうちわを持つ人なので、それなりのショックはあるのかなと思ってたんだけれど、全く違った。当時そのニュース1日中見ながら噛みしめてた。ずっと見てられた。

だけど、カミ2人のこれは、もやもやが勝ってしまって…。その報告自体はたぶん許容できるんだと思う。違いはお相手なんだろうな。これは。あと日にち?カミお二方とも、ちょっと、私にとってはなぁ…気にかかる箇所はあったんだと思う。

 

そうこうしていたら、次の日にはメンバーからの言葉として(´ε` )‪(・△・)‬の言葉が出ていて。

(´ε` )は、本当にお兄ちゃんな感じで、胸が少しあったかくなった。

泣かせにかかってきたのは‪(・△・)‬だった。そうだ剛健は宇宙だ。ここまでにその通りだった。最初の一文で崩れ落ちた(2回目)

どこまでも剛健は剛健なんだ…それに、また‪健くんの言葉に救われた気がする。健くんの意思も見えた気がする。

 

 

その上で、当人の剛くんのことを、岡田くんのことを、ちょっとでも嫌いになったり見たくないと思ったりするんだろうか、とThe ONESの映像を見ると

 

………やっぱめちゃくちゃ好き………!!!

 

となったのでグループ担降りどころか好き度急上昇です

なんだかんだ、どうなったって6人が6人でいてくれれば、ステージで輝いてくれれば、それでいいんだと私の心は言ってた!

やっぱずっとついて行かせてください最高な6人様!

俺はこれからもV6大好き人間をやめないぞ!ジョジョーーッ!!

 

 

「結婚報告」って、どう捉える?

※これ以後記すことは、12月22日~24日に起こったことについてです。この話題を避けたい方は閲覧に注意してくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このへんから始めようか。

うまく話がまとめられてるか不安ですが。

 

さてさて、2017年12月24日、V6の末っ子・岡田准一くんが宮﨑あおいちゃんと結婚しましたね。

 

これは、12月22日の夜から騒がれていたことで、騒がれた火元となったのは、郵便局員の指定日配達の日にち間違い→届けられた人からのTwitterでの拡散だった。

私がこの事実(かもしれないこと)に気がついた時に感じたのは、まず岡田くんからの特別な会報をTwitterで拡散した人への悲しみだった。

次に郵便局員が指定日配達をなぜ二日も間違えたか、よりによってこんな日本中を巻き込みそうな大ニュースのものを、という切なさだった。

 

そして、この一生に一度の内容の会報を届けた岡田くん自身へも、なぜ?の気持ちが沢山湧いた。

 

それは、アイドルであるならばよく言われる、感じているであろう、「ファンのことを一番に」という想い。

 

今回のように、結果はどうあれ(とは本当は言ったらいけないのかもね)会報で、V6のファンに、いの一番に報告しようと行動したこと。確かに、そのことは、「ファンのことを一番に」という想いの表れで、それはファンとして快いことだと受け止めたい。

 

だけど問題にあがるのは、報告をする「内容」と「日にち」だよね。

まず、内容について。

ここで言う「内容」は、言わずもがな「結婚いたします」という事実。

ファンの中には、賛成する人・反対する人・どちらにも当てはまらない複雑な気持ちの人、それぞれ居て当たり前。

「いろんな考えがあっていい」というのは、LINELIVEで岡田くん自身が言ってくれた言葉。

お相手は、前々から週刊誌等で取り上げられていたお方。まあ、いろいろな経緯があったお方。まだV6ファンをしてなかった当時の私でさえその「いろいろ」を知ってる。騒がれてたよね。

 

 

 

そして、そのお方と結婚するとした「日にち」 について。Twitterでも賛否両論。「聖なる日に結婚、おめでたい!」っていう賛の意見。「なぜこの日を選んだの?とんだクリスマスプレゼントだよ」っていう否の意見。これに関してもどんな意見があったって当たり前のこと。

 

私は今回、この結婚報告・発表の日にちについて考えたい。

V6の結婚報告・発表の日にちといえば、井ノ原くんの9月29日、長野くんの11月29日がある。

その日にちを、ファンは何年経っても覚えている。その日になる度、その日が近づく度、メンバーが結婚したことを思い出す。ファンはその日に何かしら祝福をしてみたり、思いを馳せてみたりする。

今年、その大事な日にちに12月24日が加わったわけだけど、岡田くんが本当に「ファンのことを一番に」想ってこの日付にしたのかというのが私にとっての疑問。

岡田くんにとっては2017年12月24日は結婚した・できた大切な日なんだろう。

だけど、ファンにとっては2017年だけにとどまらないはずだから。毎年、12月24日が来る度、近づく度、岡田くんの結婚を思い出すはずだから。

だったら、本当にこの日付は「ファンのことを一番に」想った行動?岡田くんは、ファンに「毎年思い出させる」という覚悟を持って、結婚記念日を決めた?

ただただ、週刊誌もなにも忙しいだろうからごたごたする年末に、それに聖なる尊い日だからなんてある意味安易な気持ちで決めたのなら、アイドル・俳優として今を背負っているという覚悟に値しないと思う。

なんて、一般人で何も知らない私が言える立場ではないのだけど。

 

でも、これまで12月24日が素敵で幸福な日だったというファンの1人が、これからは、岡田くんの結婚記念日というトラウマになる日に成り代わるという事例だってあるんじゃないかな。

いや、今回のは失敗めいたこともあって、22日からもうブルーになってしまう人も、いるかもしれない。

 

そこまで考えてこの日付に決めたのなら、「熟考した」と言えると思う。

 

なにはともあれ、国民的アイドル・国民的俳優のおめでたいはずの結婚。

どう思ったって今はいい。と思う。噛み砕くのに何年かかってもいいと思う。

 

とか言ってる私も、賛成寄りの複雑派です。

 

 

シングルの感想とシングル発売決定。

V6のNewシングル「Can't Get Enough/ハナヒラケ」が発売され2週間経ちました。

私はというと、やはり発売日であった15日が待ちきれず、14日、世に言うホワイトデーに、予約分を受け取りに、街を駆け回りました。

ホワイトデーに最新のV6に出会える嬉しさ…!私バレンタイン何にもしてないのに申し訳ない感じ…!

その日のうちに、Can't Get Enough、ハナヒラケ、それぞれのMVとそのメイキング等を見まして、幸せでたまらなかったです。。。。。

特に初回Bの映像!!なんだあれは!!なんだあの三宅劇場は!!とりあえず一通り見た私の第一声は、「剛健が剛健だしカミセンがカミセン…!」というものでした。(ここに合掌が加わる) ホントにもうイチャイチャしやがってからに!!(歓喜)

私にとっては、これだけでもう幸せすぎたのですが…15日に最寄りのセブンイレブンで受け取ったVR盤は、それを上回る幸せでした…………持って帰ってすぐさまVRの箱を組み立て、VRを受け取る前に情報を得てインストールしていたスマプラのアプリを開き、動画を入れる。容量の心配をとてもしていましたが、なんとか入れられました。

さあ、見るぞと動画を開くと、そこはもう天国でした。想像以上でした。目の前にぶいしっくす。Can't Get EnoughのMVでめっちゃイノッチと健くん近い、近い近い!!近すぎて「こないでください…」とか言う始末((( 指さしてぐりぐりするフリ(表現下手や)あるじゃないですか、歌詞で言うと「♪You keep taking~」のあたりの。あの辺、指掴めそうですもんね。できない。つらい。

足跡のレコーディング風景もうどうしようもなく愛しい。びっくりした。元々無い語彙力をもっと無くすくらい、すごい、としか言えなかった。こっちでも、坂本さん!イノッチ!うわぁこないでください!とか言っちゃうからもうどうにかしてこのオタク。トニカミの身長差から何から、可愛さが溢れてる。私的ベストオブ足跡(ネーミングセンスは気にするな)は、本当に気持ちよさそうに体いっぱいで表現して歌う坂本さんです。

毎日のようにVR見てます。気軽に現場に足を運べない地方民な私にとっては、気軽にV6を間近で見られて、現実逃避の口実にもなれちゃうひみつ道具。なんか、足跡は繰り返して何回でも見れる。曲共々、あったかい気持ちになれますね。もちろん、Can't Get Enoughもとってもかっこよくて大好きだけど、極限にカッコよすぎて繰り返して何回もなんて見てたら本気で現実に戻ってこれなさそうだし軽く気は失う。一回につき一回が限度(???)

 

さて、こうしてこの文章を書いている今日、また新しいシングルが発売されることが発表されましたね!!!再びV6に貢げる日が!!嬉しい叫び!!!!今回は3形態のようですね。そして両A面!9係の主題歌もまたV6が担当できるようでとっても嬉しいですね…! NHKみんなのうたも楽しみだ!ただまた4月からは学校始まるので、リアタイで見られるかは不明です。

とりあえずまたバイト頑張らなきゃ!!!

 

さあもうすぐ。

お久しぶりです。たぶん前回の投稿から半年以上経っている気がするけど。

さあさあ、それはそうとついにV6の47thシングルがあと一週間もしないうちに発売されるよ!私はここぞとばかりにバイトで貯金してきた分を4形態すべてに注ぐよ!シングル発売を公式さんからお知らせされたのが2月1日。ただひたすら3月15日を待ちわびる。

今回両A面シングルってことで、2月28日にCan't get enoughの、3月10日にハナヒラケのMVが解禁されたわけだけど、なにこの振り幅!!!MV解禁前の試聴の時点でカッコイイと可愛いの振り幅に悶えてしかたなかったのに、なんだこの映像とメイキングは!!!!もうなんかもはや涙出てきたんです。特に、いつも6人のわちゃわちゃを見て楽しんでる私からすると、ハナヒラケMVの可愛さはやばい。やばいって。つらい!!生きる!!!

一枚のCDでこれだけの振り幅(特にこういうカッコいいと可愛いって感じ)を出してくるのは、2013年に発売された「Oh!My!Goodness!」収録の、「Supernova」と「大人Guyz」以来なんじゃないかなと思ってます。

セブンネットではVR映像もつくというのでとてもとても楽しみ…!!!!

この数日後に、曲聴いてMV見てVR見て軽率に死に絶える未来が見える…

そうなる前にいったんさよならです…ではまた。

岡田くんのメンバー愛は強すぎる?

岡田くんのことは知れば知るほど愛おしくなるというかなんというか…きっと皆さん少なからずそんな感情あるのではないでしょうか。俳優としてのかっこよさ、V6でいるときの末っ子力炸裂させてるかわいさ、本当にあの方にはたくさんの魅力があって…!!!
その中でも、ここ最近のV6でのTV出演、雑誌掲載から垣間見えるメンバーへの深い愛情を語っていこうかと。

まず、TAKE ME HIGHERのサビのワンフレーズではかなりの確率で長野くんの肩を掴みに行く(それに長野くんも応えてやっぱり肩を組む)からいつも思うけどTAKE ME HIGHER見るの好き。

最近ではBeautiful Worldを披露する度に最後のサビで左半分3人の躍動感というか元気さが炸裂。最初に披露したMUSIC FAIRから肩組んで楽しそうにしてたけどあれはまだおとなしめだったよね。でもここ最新3つくらいを見るともう大変。テレ東音楽祭のなんてイノッチついにこけちゃったし。やっぱりやばいんだってば師範があんなにがっちり肩なんて掴んじゃったらー!ただ、そのこけたシーン見させていただいたらイノッチ、何気にちょっと嬉しそうな幸せそうな表情しちゃってこけていっちゃった感じあったよね…しかも、そこからの立ち直りの速さよ。

それにしても岡田くんは、ここ数年、メンバーへの愛が強すぎる。特に長野くん健くんあたりに。それがまたこの人の愛しいところなんですが。でも最近わりと雑誌やらで見かけるんだけど、岡田くんは、「僕はメンバーのこと好きだけど、向こうは僕のことどう思ってるかわからない」って言葉を挟む。それ見ていつも思うのですが、確かに昔からカミセンのなかでも剛健の仲の良さ(を通り越した何か)はすごすぎるし、なーんか岡田くんが取り残されてないかい??とかうっすら感じちゃうこともあるけど、それでも言えることは、確実に岡田くんは、君の大好きなお兄ちゃん達5人に愛されてるってこと!!もっと自信持ちな!!大丈夫だから!!!!
本当に、岡田くんには、V6では安心して居てほしいですね。

剛くんの主演映画。

そう、剛くんの初単独主演映画の「ヒメアノ~ル」。見に行くか見に行かないか未だに悩み中。ずーっと考えてる。あ、申し訳ないですがレポとかじゃないので悪しからず。今まだ行っておりません。

今まで剛くんの演技を見たことがないから、その本気の、狂気的な演技を見てみたい反面、もともと血を見るような事件のものとかがとても苦手(ちなみにホラーも大の苦手)で、耐性がついておりません…。ちゃんと向き合って見られるかどうかが心配。

ちらほら舞台挨拶とか映画見に行ってきたよレポを見かけて、とにかくいろんな意味ですごいんだな、ということはよーく分かってる。そのすごさを、本当は見たい。見てみないとわからないでしょ意気地無し!というのもあると思うしそれ自分でもすごく思う…。

で、行くにしても、自分の地域の上映時間調べてみたら、結構な確率で夜遅い時間。そりゃそうよね、R15だもんね、とか思いながら、あれ、1ヶ所だけ18:00台のがあったよ、おお!
あとは…あとは見る覚悟と勇気を持つだけだ~~!本人が覚悟して見てって言ってくれてるんだから~!

それにしても、海外、しかもヨーロッパ・イタリアであれだけの評価がされたってことが本当にすごいなぁ、と。ウディネって小さな街だっていうけど、それでも、海外の方々に、その中でも昔から感性の高いイタリアの人たちにあれだけ面白いって思われた映画の主役を務めきった剛くんすごい。濱田岳さん達ももちろんのこと。これでもっともっともーっと役者としての道も広がるといいな剛くん。いや、前々からいろんな名演出家さんに目をかけられていて凄い役者さんだとわかってるけれど。

そんな剛くんも、V6の中では沢山笑っていて、彼もV6はホームで甘えてしまう、と言っていた。*1

これから先も、V6の剛くん、俳優森田剛さん、どちらもしっかり応援していきたいな。
ただ今回は見に行けるかわからない。どなたか勇気をオラに分けてくれ。

*1:5月27日の「あさイチ」にて